企画展:ディック・ブルーナ タオルアート展

ディック・ブルーナ タオルアート展

2016年9月10日(土)~2017年2月19日(日)

タオル美術館 5階ギャラリー

タオルの技法を使って表現した 今までにない「ディック・ブルーナ」の世界

「ミッフィー(うさこちゃん)」の生みの親、ディック・ブルーナは、オランダの絵本作家でありグラフィック・デザイナーです。幼い頃から絵を描くことが好きで、やがて画家になりたいという夢を抱くようになりました。イギリスとフランスで出版業を学んだ後、オランダに戻り、出版社でデザイナーとして働きました。1950年代から大人向け推理小説”ブラック・ベア”ペーパーバックシリーズの装丁を手がける一方で、絵本を作り始めます。以来20年の間にペーパーバックの想定を2,000冊以上手がけ、絵本は現在までに120作品以上を発売しています。今回のタオル美術館企画展は特別展として、ブルーナのこれまでの制作活動から厳選した作品を、タオルが持つ技法(ジャカード織り、朱子織り、インクジェットプリントなど)を駆使し、ブルーナの世界観をタオルアートで表現しました。ブルーナの初期のグラフィック・デザインから、ミッフィーをはじめとする絵本や社会活動のポスターなど、タオルの技法で表現する新たなディック・ブルーナの世界をお楽しみください。

お問い合わせ

タオル美術館
TEL:0898-56-1515(受付時間:9:30~18:00/年中無休)

2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年2月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

OPEN 09:30
CLOSE 18:00

は開館時間を2月2日まで
19:30、
2月2日以降は19:00まで
延長いたします。
(美術館最終受付は閉館30分前です)

このページの先頭へ