【企画展】スヌーピータオルアート展

【スヌーピー・タオルアート展】

タオル美術館では、スペシャルイベント『スヌーピー・タオルアート展』を開催!
今回のテーマは「アーティスティック」。
「ピーナッツ」コミックから厳選したモチーフを、 タオルが持つ技法を駆使して様々なアーティスティックなタッチで表現。
もうひとつのスヌーピーの世界をお楽しみください。

第1ブース

シェニール織タオル

グリフアート

GLYPH(=絵文字)とART(=芸術)の造語
日本の漢字や言葉とピーナッツコミックに登場するキャラクターを表情豊かに融合させたアートです。

第2ブース

PEANUTS GLOBAL ARTIST COLLECTIVE
(ピーナッツ・グローバル・アーティスト・コレクティブ)

スヌーピーの生みの親、チャールズM・シュルツ氏のファミリー賛同のもと、 PEANUTS(ピーナッツ)の世界感を広く伝えるために企画されたアートプロジェクト。
ピーナッツに深く共感し、かつパブリックアートに長く実績があるアーティストに、 シュルツ氏の世界を単に解釈するだけでなく、自身のアートと組み合わせることが許可された。
現在プロジェクトツアーは、パリ、ソウル、NY、サンフランシスコ、ベルリン、メキシコシティ、 東京など、全世界で展開されています。

第3ブース

DEEP SPACE
(ディープ・スペース)

ディープ・スペースは、アメリカの月面着陸成功から50周年を記念して作られたアートです。
1969年、人類初の月面着陸に向けて最終確認のミッションを行なったアポロ10号の月着陸船を「スヌーピー」、司令船を「チャーリー・ブラウン」と名付けられ、チーム全体を勇気づけ、アポロ計画を成功に導く手助けをしました。
その頃のシュルツ氏のコミックは、 アストロノーツ・スヌーピーと月にまつわるストーリーが数多く描かれています。

2020年9月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

【9月の営業時間】

OPEN 09:00
CLOSE 17:30

は開館時間を19:00(美術館最終受付18:30)まで延長いたします。
土曜日の延長営業はありません。
※変更になる可能性があります。

このページの先頭へ